貧乏サラリーマンからの脱出法あります。それと、どーでも良い話題もあります。
素直にこのままやるだけで、素人が続々貧乏脱出の実績!





かなり貧乏サラリーマンでしたが
これ のおかげで
貧乏脱出できました。
今では余裕のサラリーマン生活で
なぜかどんどん昇進していきます
経済的にも余裕なので
もう会社を辞めたいんですが
辞めさせてくれません 汗




貧乏サラリーマン脱出!
自分のこと・・・
かなり貧乏サラリーマンでしたが
これ のおかげで
貧乏脱出できました。
今では余裕のサラリーマン生活で
なぜかどんどん昇進していきます
経済的にも余裕なので
もう会社を辞めたいんですが
辞めさせてくれません 汗
≡ SPONSORED ≡

♯ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

♯ (ひととよう)一青窈が「音楽劇」で舞台に初挑戦へ




デイリースポーツより


歌手・(ひととよう)一青窈窈(31)が舞台に初挑戦することが22日、分かった。俳優で演出家の岩松了(56)が脚本を担当する音楽劇「箱の中の女」(12月5日から東京・シアターコクーン、同26日から大阪・シアタードラマシティ)に主演する。音楽と演劇を融合させた作品で、(ひととよう)一青窈は全楽曲の作詞も担当する。自身の詞が作り出す独特の世界と岩松の濃密な脚本・演出が絡み合ったステージで“舞台女優”のベールを脱ぐ。

  ◇  ◇

 歌手としては数々の大きなステージに立ってきた(ひととよう)一青窈が、今度は女優として初舞台を踏む。

 女優業は、これまで台湾のホウ・シャオシェン監督(61)の映画「珈琲時光」(04年)でヒロインを務めた経験があるのみ。それ以外は自身のプロモーションビデオなどに出演するくらいと、ほぼまっさらな状態で主演舞台に挑むことになる。

 舞台は音楽と演劇を融合させた「音楽劇」。企画の梅田芸術劇場は、アイスランドの歌手・ビョークが主演した映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のようなミュージカルとも違う、独特の雰囲気を持った作品を狙っている。

 今回(ひととよう)一青窈は、その独特な世界を作り出す作品にふさわしい女優として選ばれた。キャスト選びで、岩松が(ひととよう)一青窈の名前を挙げた際、スタッフも満場一致で納得。そこから企画がスタートした。

 (ひととよう)一青窈も全身全霊で挑む覚悟だ。ステージで使用される楽曲すべての作詞も担当する。人の心のひだを突くような詞で多くのファンを魅了してきただけに、自身の“専門分野”でも舞台を盛り上げるつもり。

 物語は波止場で荷物の積み下ろしをしていた男(柏原収史)が、密輸業者から預かった箱の中に女((ひととよう)一青窈)を見つけたところから始まる。言葉を話さない女、男、密輸業者が繰り広げるラブ・サスペンス。

 (ひととよう)一青窈が繰り出す詞と、岩松の脚本がどんな“化学反応”を起こし、世界観を作りあげるのか。注目される。



多才な人だ。
こういうのは表現するという意味で音楽も舞台も同じなのでしょう。
化学反応か〜。

あ、どーでもいいけど漢字難しいので「ひととよう」にしています。。。






| ひととよう | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) | | |
| 1/1PAGES |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS